コラーゲン化粧品の効果がないといわれる理由

コラーゲン化粧品の効果がないといわれる理由

コラーゲン化粧品は時々効果ない。コラーゲン配合の食べ物もお肌のアンチエイジングには効果ないと言われることが多いですよね。
でも、それは昔の話なのです。以前のコラーゲン化粧品には、コラーゲンはちゃんと配合されていました。

 

ただ、コラーゲンの粒子が大きくて、顔の肌に吸収されていなかったこともあり、科学的には効果ないと言われていました。

 

ただ、現在では、ほとんどのコラーゲン配合化粧品でナノ化がされており、またコラーゲンも多くの型があることが発見され、顔の皮膚に必要なコラーゲンの型が何型なのかもわかっているそうです。

 

でも、まだまだコラーゲン化粧品なんてと思っている人もいると思います。そこで、飲む、塗る何がいいのかチェックしてみました。
以前はお肌に塗るコラーゲンも流行りましたが、今は飲むコラーゲンが大流行りです。

 

しかし、宣伝にあるような、「みずみずしい素肌がよみがえる」ほどのコラーゲンってどんなコラーゲンなのでしょうか?

 

やはりコラーゲンの効果を最大限に実感するためには、お肌吸収力が相当高いコラーゲンを使うこと。飲むのではなく、直接肌に塗ること。
だそうなのです。なぜなら、飲むと胃で消化されて身体中に分散されますが、顔に皮膚に全部が届くわけではないので、相当長い期間継続が必要です。

 

関節が痛むからなどという理由では、飲んだ方がいいです。でもアンチエイジングのためなら顔に塗るのが一番なのです。

 

小じわ、ちりめん肌、乾燥肌、できればホウレイ線も改善できないか?これらにダイレクトに働きかけるには、「吸収力が抜群に良いコラーゲン」を「ダイレクトに塗りこむ」ことが一番手っ取り早いはずです。

 

これでダメならコラーゲンそのものが、たいして効かないものだと諦めるしかありません。

 

コラーゲンは、これらの肌の悩みに効果的だと久しく言われてきましたが、通常のコラーゲン入り化粧品を直接肌に塗っても、気休めにしかなりません。
皮膚には異物が混入するのを防ぐ為のバリアゾーンがあって、通常の化粧品に含まれるコラーゲンでは、このバリアゾーンを通過することができないのです。

 

つまり、コラーゲンの補給はできず、保湿剤としての役割を果すだけに留まっていたのです。普通のコラーゲンは、分子量が300,000個ほど集まって1つの粒子になっているのですが、これではあまり吸収されません。

 

しかし人間の肌に吸収しやすくするために分子量を少なくしたコラーゲンもあり、この低分子コラーゲンなら肌に吸収しやすいというのです。

 

しかも顔の皮膚にもともと存在するV型コラーゲンのナノ化されてものなら、お肌のバリア機能は働きませんので、お肌の細胞に吸収されることになります。